2011年7月28日木曜日

fractale 外苑西通り編(2)

外苑西通り、オンサンデーズ前、

5度車にはねられ、全身の骨がくだけた僕は、
10分ほどで、まったくの無傷に回復した。

警察隊の隊長車に、助け出したドライバーと同乗し、
外苑西通りを南下した。

ドライバーは、5度目にはねられたときに再び気絶したままだ。

隊長の首もとには、黒い龍の入れ墨がある。

ぼくは切り出した、
あなたは一体何者なのですか?

隊長は答えた、
あなたにその治癒能力を与えた人から頼まれました。
守るようにと。

その先を聞きたかったのだが、
どうやら目的地に到着したらしい。
有栖川公園だった。

有栖川宮熾仁親王騎馬像の台座が動き、
階段が現れた。
僕らはゆっくりと暗闇の中へ降りていった。


***


そのころ、
茨城空港にLCC(ローコストキャリア)の春秋航空が上海から到着していた。
乗客はまだ降りてきていないようだ。

普段から混むことの少ない茨城空港に、
黒塗りのロールスロイスファントムが30台、
到着出口に並んでいた。
ロールスロイスファントムといえば、
北野たけしやジョンレノンが所有していた高級車である。
それが30台も連なる姿は、異様。

空港ロビーには、強面でスーツ姿、一目でカタギではないとわかる男達が、
50人程散在している。

ようやく乗客が降りてきた。

入国審査を受けず、セキュリティチェックも受けず、
誰にもとがめられること無く、一人の少女が歩いてきた。
なんと、この春秋航空には、その少女以外の乗客はいない。

到着ロビーにその姿が現れたと同時に、
50人の男が、一斉に懐から銃を取り出しかまえた。その少女に向けて。

そして、全員が発砲した。

少女は全身に銃弾を浴びて倒れ込んだ。

しかし、同時に50人の男も倒れ込んだ。のたうちまわりながら。
そして、鼻血をだして気絶した。

空港職員は悲鳴をあげ、みなこの場から逃げた。

5分ほど時間が過ぎた。

そこへ一人の初老紳士が現れた。
山高帽にホワイトアッシュのステッキ。ステッキとしては珍しい。
倒れた少女の前にたち、つぶやいた、

「ジュリア、、、お待ちしておりました」

2分程の沈黙が去った後、

少女は、すくっと起き上がた。

15歳。
コードネーム『ジュリア』
黒いタイトなワンピース、ノースリーブ。
両腕には見てるだけでも重たそうなブレスレットが4つずつ。
金、銀、銅、アルミ。
2センチ程の幅でフラットな表面、シンプルなブレスレット。
黒髪は腰まであり、前髪は眉の上で揃えてある。

「ひさしぶりね、総監」

なんとその男は、日本の第88代警視総監、池田克彦であった。

「あいかわらず、お見事ですな」

「ちょっとダメージをうけすぎちゃったわ」

「いやいやジュリア、このダメージを約10分で回復とは、能力が進化してますな。
さらに、ダメージを受けると同時に発せられるパルスの威力も増している、
50人を一度に気絶させるほどですから。ハッハッハ。」

「さて、急ぎますか、皆あなたをお待ちですよ。」

「そうね、いそぎましょう。フラクタルもいるんでしょ?」

「もちろんでございます。」

ひらりと黒髪をなびかせて歩き出すジュリアの首元に、赤い龍の入れ墨が見える。

空港の外に出ると、ロールスロイスファントムが30台、
全てペシャンコにつぶされていた。厚さ50センチほどにまで。

「総監、やりすぎよ♡」

つづく


0 件のコメント:

コメントを投稿